Yahoo! JAPANカードが届いたよ!はじめて使う前にクレカ登録&Tカードの設定を確認しよう

新規申し込みで最大16,000ポイントがもらえる♪ということで、ウキウキで申し込んだYahoo! JAPANカード。

さっそく届きました!

申込みから5日後、簡易書留郵便にて届きました。早いですね。

Yahoo! JAPANカードが届いたから使ってみたい・・・のですが、その前に。

新しいクレジットカードが届いたらしておくべきことや確認しておきたいことがいくつかあります。

Yahoo! JAPANカードはTポイントカードとしても使えるのでその設定も確認しておきたいですね。

Yahoo! JAPANカードが届いたよ!

わたしが申込みをしたのは、9月18日(月曜日・祝日)。

新規申し込みで最大16,000ポイントがもらえる♪ということで申し込んでみました。

申込みは10分位でカンタン入力できる

Yahoo! JAPANカードへの申込みは、Yahoo! JAPAN IDを持っていると楽です。

逆に、Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、最初に新規登録する必要があります。

申込みは、スマホ、パソコンどちらからでもOK。わたしはスマホから申し込みをしました。入力しやすいです。

基本的には楽天カードと同じですが、免許証の番号を入力するところがあってちょっと新鮮。

面倒なところといえば、免許証を出す手間と世帯年収いくらだったか夫に確認する手間ぐらいだったかな。

入力から確認を含めて所有時間は10分くらいで完了したと思います。

申込みが完了すると、メールで『Yahoo! JAPANカード申し込み受け付け完了のお知らせ』が届きました。

申込みから審査までは最短2分!入会特典ポイントもすぐにもらえる

メールで『Yahoo! JAPANカード申し込み受け付け完了のお知らせ』が届いたその2分後、振込先を登録している間に『Yahoo! JAPANカード審査完了のお知らせ』が届きました。

メールの日時を見てみると、9時52分に申込み完了メールが、9時54分に審査完了のお知らせメールが届いています。

本当に最短の2分で審査完了メールが届きました。早すぎる!!

この審査完了メールが届いた時点で入会特典の5,000ポイントと利用ポイントが仮ポイントとして付与されていたようです。

審査や発行状況が確認できるから安心

審査が完了したら、Yahoo! JAPANカードが手元に届くのを待つだけ。

カードの発行状況はYahoo! JAPANのカード会員サービスメニューで確認することができます。

その2日後、9月22日(金曜日)には『Yahoo! JAPANカード発送のお知らせ』のメールが届きました。

Yahoo! JAPANカードの発送方法は3種類。『佐川急便 受取人確認サポート』と『郵便局 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)』と『簡易書留郵便』。

(参考:カードを受け取る際に必要な書類はあるか Yahoo! JAPANカードよくある質問より)

なにで発送されたかは、メール内に書かれているので安心です。

わたしは簡易書留郵便での送付になっていました。

簡易書留郵便で到着。本人確認なかったんだけど・・・

発送完了メールが届いた翌日、9月23日(土曜日)。

簡易書留郵便で届いたので、とくに書類も必要なく普通に受け取りました。本人確認なし。

しかも夫が受け取ってくれていた。

あ、あれ?本人確認なんで要らないんだろう・・・( ゚д゚ )

夫婦でちょっと違った審査と発送方法

じつは今回のキャンペーンで、夫もYahoo! JAPANカードを申し込みをしていました。ポイントもらえるし、ヤフオクでポイントを使いたかったみたい。

夫はわたしより半日早い9月17日(日曜日)の深夜に申し込みをして、その翌日、ワタシより遅く審査メールが届いていました。深夜は審査できないのか、先月に違うカードを発行していたので、審査が念入りになったのかは不明です。

カードはわたしの方が簡易書留郵便で早く届き、夫は1日遅れで佐川急便の受取人確認サポートで届きました。

「本人いらっしゃいますか」と聞かれ、本人が運転免許証で本人確認をしてから受け取りました。出かける寸前で無事に受け取ることができましたが、平日だとなかなか受け取れなそう。

もし不在だった場合、佐川急便は1週間ほどしか預かってもらえないとのこと。長期不在の予定が入っている場合は注意が必要ですね。

申込後に長期不在が決定した場合や、受け取れなくて返送されてしまってもコンタクトセンターに連絡すればまた送ってもらえるようです。

しかし、電話する手間と電話代がかかる事を考えると、できるだけ1週間以内に受け取っておきたいですね。

発送方法が違ったのはなぜなのかを予想してみた

今回、夫婦でYahoo! JAPANカードを申し込みをしたのですが、審査完了のスピードと発送方法が違っていました。

審査のスピードが違うのは、深夜に申し込んだためか、最近他に新しいクレジットカードを作っていたためかと思います。

でも、発送方法が違ったのはなぜなのか。

申込時に違うところといえば、職業と年収のところぐらい。でも主婦と会社員で発送方法が変わる・・・とはあまり思えません。

次に、クレジットカードと一緒に届く『カード発行の案内』を見てみると、ご利用可能額やキャッシングなどの内容は同じ。

違うところは「お知らせ」の部分。わたしは口座振替の手続きが完了していて、夫はカード発送前に口座振替の手続きが完了していなかったというところ。

通常、口座振替の設定をしないままクレジットカードを利用した場合、振込依頼書を送付されてきます。口座振替をしていない場合、本人に確実に請求書が届くかどうか、そのための本人確認なのかな。なんだか納得!

本人確認で届くと本人確認書類を出したりする手間や本人しか受け取れないとちょっと面倒くさいので、申込したらすぐに口座振替の設定をしておくことをおすすめします

Yahoo! JAPANカードは黒色デザインがカッコイイ

夫婦でYahoo! JAPANカードに申し込みをしたのですが、夫が赤色を選んだのでわたしは黒色にしてみました。

Yahoo! JAPANのサイトで見ると赤色のほうがカッコよく見えるのですが、実物は黒色のほうがカッコイイです。完全に良い意味でイメージと違っていました。

カード全体をお見せすることはできませんが、赤色黒色共にザラザラっぽいというかツヤ無し感というか・・・写真で伝わると良いんですが。

黒色は黒というよりマットなグレーっぽくてちょっと高そうに見えるかも(笑)

カード右下にあるJCBのロゴが一番のお気に入り。モノトーンでカッコイイです。

赤色か黒色で迷ったら、黒色がおすすめです。

カードが届いたらカード裏面にサインをしよう

クレジットカードが届いたら一番最初にすることといえば、カード裏面にサインをすることです。

カード裏面にサインが無いと利用できなかったり、盗難や紛失時に悪用されやすいので、すぐに書いておきましょう。

クレジットカードの裏面サインはマッキー極細で書くと良い感じに書けます。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

クレジットカードの裏面サインはマッキー極細がおすすめ。届いたらすぐにカード裏面にサインを書こう
新しいクレジットカードが届いたら一番最初にすることは、クレジットカードの裏面にサイン(署名)をすること。 このカード裏面にサイ...

Yahoo! JAPANカードのカード会員サービスに登録しよう

カード裏面にサインを書いたら、次はカード会員サービスに登録をしましょう。

カード会員サービスメニュー初回登録』という画面で、手元に届いたカードの番号や有効期限を入力するだけです。

あわせてTポイントの利用手続きができます。すでにTカードを持っている場合は、Yahoo! JAPANカードにTポイントをまとめることができます。

わたしはこれまでTSUTAYA WカードでTポイントを登録していたので、Yahoo! JAPANカードにTポイントを移行しました。

TSUTAYA Wカードは解約する予定です。環境の変化でTSUTAYAを利用しなくなったため、持っていても得が無くなったので。

Yahoo! JAPANカードを使う前に設定を確認しておこう

『カード会員サービスメニュー初回登録』で登録ができたら、カード会員メニューを利用できます。

Yahoo! JAPANカードを使う前に、カードのプロフィールと設定を確認しておきましょう。

確認しておきたいところは3点。利用可能額がいくらになっているか、支払い口座は正しいか、リボお支払いコースの設定がいくらになっているか、ということです。

利用可能額がいくらになっているか

クレジットカードには、利用可能額が設定されています。この額を超えて利用することはできません。

街ナカで買い物をするとき、お店の人に「このカードは使えないです。」と言われないように利用可能額を覚えておきましょう。

Yahoo! JAPANカードの利用可能額は、カード会員サービスメニューの『ご利用可能額の照会』から確認できます。

支払い口座は正しいかどうか

Yahoo! JAPANカードはクレジットカードです。クレジットカードを利用した後に支払いをする必要があります。

支払い方法は基本的に口座振替。もし支払日までに口座登録が完了しなかった場合は、振込依頼書が届くので、銀行振込やコンビニで支払いをすることができます。その場合は手数料がかかるので、口座振替の手続きを早めにしておくほうが良いでしょう。

お支払口座の確認は、各種お手続きの『お支払口座の照会・変更』から確認できます。

すでに登録している場合は、念のため正しいか再確認しておきましょう。いつもと違う口座を使っている場合は、口座にお金を入れ忘れてカードが止められた、督促がきたという話もよくあります。

Yahoo! JAPANカードと一緒に送られてくる口座登録のハガキでも登録できますが、返送してから1ヶ月ほどかかるそうなので、できるだけ変更や登録はお支払口座の照会からする方がよいでしょう。

リボお支払いコースの設定がいくらになっているか

「クレジットカードは1回払いしか使わない。」

そんな人にもリボお支払コースの設定は最初に確認しておいて欲しいのです。

リボ払い(リボルビング払い)は、毎月の支払いが一定額に抑えられると言うメリットがありますが、リボ手数料がかかってきます。

リボお支払コースの設定は初期値が5,000円。この設定で高額商品をリボ払いにしてしまうと、手数料がかなり高くなります。

初期値を高めに設定しておくと、リボ払いの手数料や回数が少なくなって1回払いに近い状態で利用できます。

もし、キャンペーンにつられて後リボや自動リボに登録してしまったときにというときも安心。Yahoo! JAPANカードの海外キャッシングはリボ払いのみなので、最大の限度可能額と同じに設定しておく方が良いでしょう。

リボお支払コースの確認はカード会員サービスメニューの『リボお支払コースの変更』から確認できます。

Yahoo! JAPANカードの利用規約を読んでおこう

クレジットカードが送られてくるとき、たいていクレジットカードとカード発行の案内と利用規約が届きます。

しかし、Yahoo! JAPANカードは紙の利用規約は入っていませんでした。

利用規約はウェブ上で読んで下さい、ということですね。

カードが届いてから紙で読もうと思っていたのでちょっと残念。

利用規約は必ず一読しておきましょう。

Yahoo!カードに関する各種規約

一番最初はどこで使う?コンビニや街のお店でもOK

新しいクレジットカードを手に入れたけど、本当に使えるのかドキドキしませんか?

ネットショップでの買い物やサービスに利用するのもよいですが、一番手軽なのは街ナカのコンビニや近所の使い慣れたスーパーがおすすめです。

Yahoo! JAPANカードは、クレジットカードを利用すると新規入会の利用特典として5,000ポイント~6,000ポイントがもらえます。

ネットショップで買うものが無いな、というときは、よく行くコンビニやスーパーでカードを出してみましょう。おにぎり1個、お茶1本でも受け付けてもらえます。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

はじめてのクレジットカードはどこで使えば安心?ネットやコンビニ、スーパーで使ってみよう
はじめてクレジットカードを作ったとき、嬉しいと思う反面、本当に使えるかどうかドキドキしませんか。 街ナカのお店で買い物をすると...

Yahoo! JAPANカードは思っていたより良いカードだった

今回、新規申し込みで最大16,000ポイントがもらえる♪というポイント目的でYahoo! JAPANカードを申し込んでみましたが、これが結構良かったです。

Yahoo! JAPANカードのデザインも気に入ったし、Tポイントを貯めるときに使おうと思っています。

楽天カードと比べて、Yahoo! JAPANカードの管理画面のほうがわかりやすくてシンプル。

Yahoo!JAPAN系列でしか使えない期間固定Tポイントの扱い方が若干くせ者だけど、Tポイントで貯まるのは嬉しい。

先月のニュースで、11月利用分から楽天カードでnanacoクレジットチャージをしても楽天カード利用獲得ポイントが貯まらなくなるという発表がありました。

Yahoo! JAPANカードのJCBカードはnanacoチャージでもポイントが貯まるとのことなので、JCBカードで作っておいて良かったです。モノクロJCBマークがカッコイイ。

Yahoo! JAPANカードは思っていたより良いクレジットカードでした。年会費無料なので、自分のライフスタイルに合っているかぜひ試していただきたいカードです。

Yahoo! JAPANカードの詳しい内容や申込みは公式サイトへどうぞ。

年会費永年無料。最短2分でクレジットカード審査完了。PayPay残高チャージ、Apple Payに対応。Yahoo!ショッピングでもお得なクレジットカードです。