クレジットカードの裏面の署名サインは必ず書いておこう

クレジットカードが手元に届いたら一番最初にすることはなんでしょうか?

それは、利用規約を読み、クレジットカードの裏面にサインをすることです。

さいきんはサイン不要のお店も増えてるし、オンラインショップでしか使わないからサインしなくても良いんじゃないかな、なんてちょっと思ったりしませんか。

届いたらすぐに書いてほしいクレジットカードの裏面の署名が大切な理由があるんです。

クレジットカードの裏面のサインはなんのためにあるの?

クレジットカードの裏面のサインはどうして必要なのでしょうか。

本人確認のため

クレジットカードで買い物をするとき、サインをしますよね。

これはお店の人が、クレジットカードの裏面サインの筆跡と買い物するときにサインする筆跡を確認して、本人確認をするため。

最近はサインレスのお店も増えていますが、基本的にサインは必要です。

クレジットカードは「信用」が大切

クレジットカードの「クレジット(credit)」は英語で「信用」という意味。

信用があってこそ使えるカードです。

クレジットカードの裏面にサインをするということは、サインをした本人が責任を持つということ。

購入した時にサインをする時も、そのサインをした本人がお金を払う責任を持つということです。

ですので、クレジットカードの裏面には必ずサインをしておきましょう。

クレジットカードの裏面にサインが無い時のデメリット

もし、クレジットカードの裏面にサインが無いとどうなるのでしょうか。

カード裏面にサインが無いと使えない

カードの裏面にサインがない場合は、お店でクレジットカードの使用を断られるばあいがあります。

もちろん、サインレスのお店でもカード裏面のサインは必須です。

カードの裏面にサインがあることがあることで、このカードが使える、信用があると示すことができます。

紛失したときに大変!

もし裏面にサインのないクレジットカードを入れた財布を落としたらどうなるでしょうか。

カードを拾った人が悪い人だったら、カードの裏面に拾った人の名前を書いて使用してしまうかもしれません。

クレジットカードには盗難、紛失時の補償保険がついていますが、カード裏面にサインがないと自己負担になる可能性があります。

サインをしていないとうことは、「利用規約を読んでいない」「このクレジットカードの責任を持っていない」ということなので、必ず書くようにしましょう。

クレジットカードの裏面の署名サインはすぐに書こう

クレジットカードの裏面にサインを書かないということはデメリットばかり。

トラブルに巻き込まれて嫌な気分になるだけです。

ほんの数分で大きなトラブルを未然に解決!

クレジットカードが届いたら、利用規約を読んで、きちんとサインしておきましょうね♪

クレジットカードの裏面の署名サインは必ず書いておこう」を最後までご覧いただきありがとうございました。