クレジットカードのネガティブイメージを変えよう

「クレジットカード」と聞くと、どんなイメージでしょうか。

ポジティブなイメージだと「ポイントなどがついてお得」「マイルが貯まる」「気軽に使える」など。

ネガティブなイメージだと「後払い」「借金」「ローン地獄」「カード破産」などでしょうか。

マンガやドラマの影響もあり、クレジットカードへの印象がよくない方もいらっしゃいます。

そんなクレジットカードのネガティブなイメージをスッキリ変えてみましょう!

クレジットカードはふだん使いができる

クレジットカードは、高額な買い物をする時や現金が少ない時に使うだけではありません。

クレジットカードは、コンビニやスーパーなどで少額でも気軽に使うことができます。

サイン無しで使えるお店もあるので、支払いがスムーズになることも。

さらに、クレジットカードで支払いをすることで「商品+アルファ」を得ることができます。

アルファの部分は、ポイントや割引などクレジットカードによって違うので、じぶんにあった使い分けをすることがポイントです。

後払いのメリット

買い物をするとき、商品と現金を交換するのはわかるけど、クレジットカードは後払いになるのでなんか取引の違和感がありそうだと思いませんか。

クレジットカードで支払いをすると、お店側からクレジットカード会社に請求がいき、クレジットカード会社から自分に請求があります。

自分の講座から引き落としがされるのは、商品を購入した翌月か翌々月。

たとえば、ランチをちょっと奮発してオシャレなフレンチレストランで食べたときにクレジットカード払いをしたとき、請求は翌日か翌々月に引き落とされます。

忘れた頃に代金の請求がきて、ちょっと損した気分になることもありますね。

でも、クレジットカードに慣れるとあまり気にならなくなります。むしろポイントが貯まって嬉しい!と思うことも。

ほかにもクレジットカード支払いだから良かったこともあります。

もし、お店の不注意で請求金額をまちがえていた場合、クレジットカード払いならお店の手続きで請求金額を修正することができます。

じっさいにその経験があるのですが、「一度取り消しをして、正しい金額で請求し直しますね」と、謝罪と説明の電話連絡をいただきました。カード会社から連絡先がわかるので、電話で金額を修正するという旨の連絡をしてもらえて安心しました。

むかしから「現金その場限り」と言うことわざがあり、現金はその場でしか確認することができません。もし現金払いで間違っていたら、誰かわからないのでそのままになっていたことでしょう。

お金が管理しやすくなる

クレジットカードを使用すると、クレジットカードの使用日時、店舗名、金額がクレジットカード会社に記録されます。

その利用明細は、パソコンやスマホ、タブレットでいつでも自由に見ることができます。

利用明細をそのまま家計簿にすることもできますし、家計簿アプリと連動させて管理すると、ズボラさんでもカンタンにお金が管理できます。

現金で支払い、レシートで家計簿をつけるより、お金の管理がスッキリします。

はじめは、クレジットカードを使いすぎていないかなと心配になることもありますが、クレジットカードで「何にお金を使っているか」が見やすくなり、逆にお金を意識して使うことで自然とお金の使い方も身につきます。

クレジットカードでハッピーに!

知らないことは、不安や心配が先走ってネガティブなイメージがつきやすいもの。

少しでもクレジットカードって身近で素敵と思っていただけましたら幸いです。

クレジットカードのことを知ると、安心して使えるようになるし現金払いよりちょっとお得がついてきます。お店でビクビクしながらクレジットカードを使う必要はありません。

クレジットカードを使うことで、素敵でオトクになれるし、なにより日常生活がスッキリ&シンプルになっていきます。

クレジットカードのイメージを変えて、クレジットカードを使ってハッピーになりたい。

そんな思いを込めてみました。