はじめての方へ。「クレジットカード」ってなんだろう?

「クレジットカード」ってなんだろう?

ふだん何気なく使っていても、あらためて聞かれると答えにくいですよね。

「クレジットカード」ってなんだろうということについて書いてみました。

「クレジットカード」ってなんだろう

「クレジットカード」は商品を購入するときの支払手段のひとつで、クレジットカード(credit card)の「credit」は英語で「信用」という意味です。

つまり、クレジットカードとは「信用」してもらえることで使えるカード、ということ。

クレジットカード会社から「この人は後できちんとお金を払ってくれますよ」と信用してもらい、お墨付きとしてクレジットカードを発行してもらうことで、わたしたちはクレジットカードを使用して商品を購入することができます。

クレジットカードの歴史は長い

クレジットカードの始まりは、1950年のアメリカ合衆国。日本ではその10年後、1960年に日本初のクレジットカード会社が設立しています。

歴史は意外と長いんですね。

近年では、インターネット通販で使いやすいこともあり、クレジットカードの種類もたくさん増えましたね。

実店舗でも、CATとよばれる端末機が導入されており、クレジットカード会社とオンラインで結ばれているので、スムーズな決済ができるようになりました。

現金との違いはカード会社の信用があること

現金払いでは、売る人と買う人の2者間の取引です。

クレジットカード払いは、売る人と買う人の間にクレジットカード会社が入り、3者間の取引になります。

買う人は、クレジットカード会社が間に入ることで後払いや分割払いができることやカード会社の特典を利用できるなど、さまざまなサービスを受けることができます。

売る人は、クレジットカード会社を通すことで、スムーズな決済やお金の管理のしやすさ、現金の取扱リスク、売る機会を逃さずにすむなどのメリットがあります。

両者両得で、お互いに十分なメリットがあり、クレジットカード会社の信用があってこそ成り立っています。

クレジットカードは信用があってこそ

クレジットカードは信用があってこそ利用することができます。

信用のうえに成り立っていることをふだんから意識し、ルールを守ってしっかり管理することが大切です。

「はじめての方へ。「クレジットカード」ってなんだろう?」を最後までご覧いただきありがとうございました。