楽天市場で買い物するなら楽天のクレジットカード『楽天カード』がおすすめな理由

ネットショッピングで買い物をするときにあると便利なクレジットカード。

楽天市場で買い物をすることが多いなら「楽天カード」を持っているとかなりお得です。

楽天カードは「8年連続クレジットカード部門第1位」を獲得している人気のカード。

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループで楽天カードを使うと、楽天ポイントが2倍~5倍も貯まります。

さらに、ふだんの実店舗での買い物やコンビニ、公共料金の支払いを楽天カードに変更するだけでも、楽天ポイントが貯まっていきます。

買い物をするたびにどんどんポイントが貯まっていくので買い物も楽しくなる!

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルでいつでも使えます。

貯めやすいだけでなく使い勝手の良さも魅力のひとつです。

楽天カードのメリット

楽天カードの魅力はポイントが貯めやすいだけじゃないんです!

年会費が永年無料

楽天カードは、年会費、発行手数料が永年無料で一切費用がかかりません。

持っていても年会費がかからないので、クレジットカードをほとんど使わない方でも安心です。

楽天ポイントの通常ポイントの有効期限は最終利用日から1年。年1回以上購入するのであれば、ポイントが消えることなく貯め続けることができます。

国際ブランドが選べる

楽天カードは、申し込み時に国際ブランド3社「VISA」「JCB」「MasterCard」から選ぶことができます。

「VISA」はカード発行数、加盟店数が世界で1位。

日本国内はもちろん海外でも使えるお店が多いので、持っていると安心な国際ブランドです。

「MasterCard」の加盟店も多く、日本国内で使うのであれば「VISA」と同じくらい加盟店があります。

楽天カードの「お買い物パンダデザイン」を選ぶことができるので、かわいいカードが欲しい人におすすめです。

「JCB」はVISAやMasterCardに比べると時々使えないお店に出会うことがあります。

旅行時や新しいお店で使えない時があるので、少し困ることも。

しかし、いつも利用するお店がJCBカードが使えるのであれば、ほぼ問題はありません。

そんなときのためにサブカードとして2枚めを持つのもよいでしょう。

楽天カードは「JCB」にだけあるメリットもあります。

楽天カードの国際ブランドを「JCB」ブランドを選ぶと、nanacoにチャージができます。

2017年11月利用分よりnanacoチャージでの楽天ポイントは付与対象外になりました。チャージは可能ですがポイントは貯まりませんのでご注意ください。

楽天ポイントが貯まりやすい

楽天市場で買い物をするとき、楽天カードを使わなくても100円あたり1ポイントの楽天スーパーポイントがもらえます。(楽天市場ご利用ポイント1%)

楽天カードを使うと、上記の楽天市場ご利用ポイントに加えて、楽天カードご利用通常ポイント1%と、スーパーポイントアッププログラム(SPU)特典1%がもらえます。

つまり、楽天市場で楽天カードを使うと100円ごとに3ポイントが貯まるということ。

さらに年会費が有料の楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを利用すればさらに2%がもらえます。

この楽天スーパーポイントは、楽天市場で1ポイント1円として使うことができます。

いつもの楽天市場での買い物を楽天カードにするだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

街のお店でも楽天スーパーポイントが貯まる

楽天市場で買い物するだけでなく、街のお店でも楽天ポイントを貯めることができます。

「VISA」「JCB」「MasterCard」のクレジットカードが使えるお店ならどこでもOK!

楽天カード利用ポイントとして、いつでも100円につき1ポイントが貯まります。

楽天の加盟店なら楽天ポイントがさらに貯まりやすい

街のお店がポイント加盟店なら、さらに楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイント加盟店で楽天カードを使うと最大ポイント3倍!

街の楽天ダイニング加盟店(レストラン、カラオケ店など)なら楽天カードを使うと楽天スーパーポイントが2倍!

ポイントアップキャンペーンで期間限定ポイントが貯まる

楽天市場では、ポイントアップキャンペーンが常に開催されています。

うまく組み合わせると、ポイントが5倍、6倍になることも!

さらに「スーパーポイントアッププログラム ポイント7倍」で最大7倍に!

キャンペーンによって、有効期限が短い期間限定ポイントの場合があるので、有効期限切れに注意が必要です。

スマホから明細が確認できる

楽天カードのオンラインサービス「楽天e-NAVI」を利用すると、利用明細をいつでも確認することができます。

楽天カードアプリもあるので、カンタンな操作ですぐ見えるのは良いですよね。

支払い方法の変更や支払日、今月の請求額も見ることができるので、もしかして今月使いすぎたかもと不安になったらすぐ確認できるので安心。

カード利用お知らせメールで安心

楽天カードには三大あんしん機能がついています。

三大あんしん機能は「カード利用お知らせメール」「商品未着安心制度」「ネット不正あんしん制度」。

楽天カードを使用した時に利用日や利用金額、利用先などの詳細をメールで知らせてくれるので、万が一の不正利用もすぐに発見できます。

もちろん自分でカンタンに設定できるので、不要の場合はメール設定を解除することができます。

楽天カードで注意しておきたいこと

メリットがたくさんある楽天カードですが、注意しておきたいこともあります。

ETCカードは年会費がかかる

ETCカードには500円(税抜・税込では540円)の年会費がかかります。

楽天ETCカードを利用すると100円で楽天スーパーポイントが1ポイントつくため、高速道路をよく使う人であれば十分に元はとれますが、その分は他のところに使いたいですよね。

紙の利用明細は発行手数料がかかる

楽天e-NAVIや楽天カードアプリからカードの利用明細を見るときは無料で見ることができます。

しかし、紙の利用明細書を楽天カードから送ってもらおうとすると明細書発行費用として82円(税込)が必要となります。(※一部カードは除く)

請求明細のダウンロード機能もあるので、紙の利用明細書がほしい場合は自宅でプリントアウトする方がお得です。

期間限定ポイントの失効に注意

楽天市場では、いつもさまざまなポイントアップキャンペーンが開催されています。

通常ポイントが付与される場合と、使用期間が短い期間限定ポイントが付与されるばあいがあるので、期間限定ポイントは失効しないように注意が必要です。

海外旅行保険は利用付帯

海外旅行に行くときの海外旅行保険は利用付帯になります。

旅費や交通費を楽天カードで決済している場合は保険適用になるということ。

条件がいろいろあるので海外に行く際はすこし注意が必要です。

リボ払いに切り替えたくなる罠

楽天市場で楽天カーのの支払い方法を「リボ払い」にすると、ポイントアップや高額ポイントをもらうことができるキャンペーンがあります。

こんなにポイントがもらえるなんて嬉しい♪と思って、切り替えてしまうと、リボ払いの手数料がかかって、もらえるポイント以上に手数料がかかってしまう・・・なんていうことも。

リボ払いは計画的に使えば便利ですが、知らないままに使うと大変なことになりがちです。

手数料とポイントのバランスをしっかり考えて利用したいですね。

楽天カードでハッピー!

どんなクレジットカードでもメリット、デメリットはあります。

大切なのは、どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのかを知っておくこと。

ネットショッピングが大好きで、楽天市場で買い物することが多いのなら、楽天カードがポイントも溜まりやすく使い勝手がとても良いカードで、ふだん使いにおすすめです。

楽天カードのメリットは、楽天スーパーポイントが貯まりやすいこと、年会費が無料なところ!
楽天カードで注意することは、期間限定ポイントの失効、海外旅行のとき、リボ払いは計画的に!

楽天カードについてもっと詳しく知りたい方は公式サイトへどうぞ。

楽天カード