これだけは知っておきたい楽天カードを持つメリットとデメリットの対策

楽天カードは年会費無料、ポイント還元率の良さで人気のクレジットカードです。

楽天カードを持つメリットはたくさんあります。

楽天市場で買い物するとポイントがたくさんもらえる、街の加盟店でもポイントが貯まる、顧客満足度も高い、ポイントの使い勝手の良さやバラエティの豊富さなど、メリットがたくさんある楽天カード。

入会特典もポイントがたくさんもらえるのも魅力ですね。

しかし、世の中にはおいしいだけの話はありません。

知らなければ逆に損をすることにもなることも。

楽天カードを作る前にこれだけは知っておきたい、楽天カードのメリットとデメリットをあげてみました。

楽天カードのメリット

年会費が永年無料

クレジットカードには年会費がかかるカードとかからないカードがあります。

楽天カードは年会費が永年無料のクレジットカードになります。

一般的に、年会費が有料と無料の違いは特典やメリットの差。

楽天カードは年会費無料のカードのわりにポイントが貯めやすく使いやすいところが魅力です。

年会費が無料なのでクレジットカードの利用がなくても損がありません。

クレジットカードを少額で使う人やはじめてクレジットカードを持つ人にも自信を持っておすすめできるカードです。

ポイント還元率が高い

楽天カードのポイント還元率は1%以上!

楽天市場で買い物をするときに楽天カードを使用すれば、いつでも4%の高還元率

100円で4ポイントが貯まります。

楽天市場内の期間限定キャンペーンを利用すれば、さらにポイントをもらえることも。

楽天市場以外でのお買い物でもポイントが貯まりやすいところも魅力的。

クレジットカードで使えるお店で楽天カードを使えば、いつでも1%。

100円につき1ポイントが貯まります。

楽天加盟店で楽天カードを使えば、いつでも2%。

100円につき2ポイントが貯まります。

楽天トラベルで楽天カードを使えば、いつでも2%。

100円につき2ポイントが貯まります。

ふだんのお買い物を楽天カードに変えるだけで、意識しなくても楽天ポイントが増えるところが最大の魅力です。

入会時にもらえるポイントが多い

楽天カードを初めてつくる時にもらえる新規入会ポイントが魅力的。

楽天カードをつくるだけで2,000ポイント、1回使用するだけで3,000ポイントがもらえます。

合計5,000ポイントをもらえます。けっこう大きいですよね。

貯まったポイントが使いやすい

楽天カードの一番の魅力は貯まったポイントの使いやすさ

せっかく貯めたポイントをうまく活用しないともったいないですよね。

楽天市場で使用するのもカンタン。

楽天市場ではさまざま商品が販売されています。

日用品から本、服、化粧品、アクセサリー、旅行時のホテルの予約まで魅力的な商品がたくさん。

貯まったポイントは、楽天市場で商品を購入するときに支払い方法に「楽天ポイントを使用する」を選ぶだけ。カンタンです。

街の楽天ポイント加盟店でも1ポイント1円として利用できます。

楽天ポイント加盟店は、ミスタードーナツ・マクドナルド・くら寿司・大丸など。加盟店は今後も増えるでしょう。

楽天ポイントをANAマイルに交換することもできます。

楽天ポイントは利用していれば無期限で貯めることができるので、ANAマイルが必要なときに楽天ポイントからANAマイルに変換して利用するという方法もあります。

初心者でもつくりやすいクレジットカード

楽天カードはクレジットカード初心者におすすめのカードです。

年会費無料やポイント還元率、使い勝手の良さもありますが、クレジットカードの審査が通りやすいということ。

働きはじめた新社会人や主婦、パート、アルバイト、派遣の方でもクレジットカードの申込ができます。

クレジットカードは信用履歴の積み重ね。

一番初めのカードはつくりやすく使いやすいカードが一番。

クレジットカードの正しい使い方に慣れて、上位のクレジットカード審査も通るような素敵な人を目指しましょう。

楽天カードのデメリットと対策

楽天カードのETCカードは有料

楽天カードのETCカードは有料で、年会費540円(税込)です。

楽天ETCカードを利用すると通行料金100円につき1ポイントが貯まります。

しかし、年会費の元をポイントで取ろうとすると、通行料金54,000円分が必要です。そう考えると少しもったいないですよね。

楽天ETCカードの年会費無料にする方法もあります。

ETCカード年会費請求月に楽天Point Club会員ランクが「ダイヤモンド会員」または「プラチナ会員」の場合、次年度1年間がETC年会費が無料になります。

または、年会費が有料のクレジットカードである楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードの楽天ETCカードは年会費無料になります。

楽天市場のヘビーユーザー以外はETCカードの年会費がかかると言ってもいいでしょう。

楽天カードではなく、他の年会費無料のクレジットカードでETCカードを申込んだほうがお得です。

海外キャッシングはリボ払いのみ(2017年11月1日より一括払いも可能になりました。

「海外キャッシング」とは、海外で現金が足りなくなったときに使える機能です。

世界主要都市の空港や銀行のATMにて、国内と同じ感覚で現地通貨を引き出せるため、両替の手間もなくて便利。多額の現地通貨を持ち歩かなくてすむ点でも安心ですね。

楽天カードの場合、海外でのキャッシングのお支払い方法は、リボ払いのみです。

ふだん一括払いをしている人は特に注意。

気をつけないとリボ払いの手数料が余計にかかる可能性も。

対策としては、リボ払いの支払い金額の設定を最大値(利用可能枠の金額)に設定するということ。手数料を最小限に抑えることができます。

できれば、楽天カードは国内での利用に専念させ、海外に行く際は他のクレジットカードを利用するほうがおすすめです。

楽天ポイントや期間限定ポイントのしくみがわかりにくい

楽天ポイントは、貯まりやすく使いやすい良いポイントシステム。

しかしエントリーをしないともらえないポイントや期間の短い期間限定ポイントなどわかりにくいポイントも存在します。

とくに期間限定ポイントの付与タイミングや利用できる期間はわかりにくくてライトユーザーには扱いにくいんです。

期間限定ポイントの期限が切れるからと、ポイントのもったいなさに要らないもの買ってしまうと逆にもったいないし、だからといって、綿密な計算をしてこの日にこれを買う・・・なんて管理をしていると時間がもったいない。

楽天ポイントの期間限定ポイントは無理してもらったり使ったりしようと思わない方が吉

その時間とお金を自分磨きに使いましょう。

楽天のメルマガがうっとうしい

楽天カードに申し込みをすると、楽天カード通信や楽天カードショッピングニュースなど、キャンペーンやセールなどのメールが届くようになります。

楽天市場で買い物をしたりキャンペーンに応募をするとメルマガがたくさん届くようになったりしませんか。

必要な情報はうれしいですが、不要なメルマガはけっこう邪魔でメール着信を確認したり削除するのは面倒くさいですよね。

楽天カードのメルマガは、楽天e-NAVIからメルマガ配信停止をすることができます。

楽天市場のメルマガは、マイページから管理できます。

必要な情報をうまく振り分けられると良いのですが、必要ないと思ったらすぐにメルマガ設定を停止しておきましょう。

コンタクトセンターへの電話代が高い

楽天カードに電話で確認や変更をしたい時に注意したいことは、

電話代が高くなる可能性があるということです。

自動音声専用ダイヤルはフリーダイヤルなので無料です。

しかし、オペレーターと話したい時に電話するコンタクトセンターの電話番号は0570-から始まるナビダイヤル。

ナビダイヤルは携帯電話の無料通話分、かけ放題などは対象外

携帯電話の無料通話分で電話をしたつもりなのに、対象外として別途電話料金を請求されるのでご注意を。

携帯電話でコンタクトセンターへ電話をするときは、「0570」から始まるナビダイヤルは避けて通常の電話番号に電話をしましょう。

これだけは知っておきたい楽天カードを持つメリットとデメリットの対策とは

これだけは知っておきたい楽天カードのメリットは

  1. 年会費が永年無料
  2. ポイント還元率が高い
  3. 入会時にもらえるポイントが多い
  4. 貯まったポイントが使いやすい
  5. 初心者でもつくりやすいクレジットカード

これだけは知っておきたい楽天カードのデメリットとは

  1. 楽天カードのETCカードは有料→他のカードも検討しよう
  2. 海外キャッシングはリボ払いのみ→他のカードも検討しよう
  3. 楽天ポイントや期間限定ポイントのしくみがわかりにくい→期間限定ポイントは無理しない
  4. 楽天のメルマガがうっとうしい→早めにメルマガ停止設定をする
  5. コンタクトセンターへの電話代が高い→携帯電話の無料通話分は通常の電話番号へ

楽天カードのお申込みや詳しい内容はこちらからどうぞ。

楽天カード