楽天カードは専業主婦も自分のカードが作れるクレジットカード

クレジットカードは誰でも持てるカードではありません。

クレジットカード発行会社から『信用』を得てはじめて持てるカードです。

この『信用』は収入や社会的ステータスなどから、支払いができるかどうかをカード会社独自の基準で決まります。

カード会社によっては、契約者本人に安定した収入がないと審査に落ちることも。

「安定収入のない無収入の専業主婦はクレジットカードが作れない?」

そんなことはありません。

楽天カードは専業主婦も自分のカードが作りやすいクレジットカードです。

収入のない専業主婦、専業主夫も大丈夫。

自分専用のクレジットカードをつくってみませんか。

専業主婦は家族カードの方がお得?

夫がクレジットカードを持っている場合、収入のない専業主婦はそのクレジットカードの家族カードを持つことができます。

家族カードとは

「家族カード」は、安定した収入のある主契約者(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを利用できるというサービスです。

カード会社によって異なりますが、主契約者がクレジットカード審査に通っていれば、家族は無審査で家族カードを持つことができます。

一般的に家族カードの対象者は、クレジットカード契約者と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子(高校生を除く)。契約者と生計が同じなら発行できます。

家族カードのメリット

家族カードのメリットは主に5つ。

  • 収入がなくてもクレジットカードが持てる。
  • 家族カードの年会費は無料または契約者のカードより安い。
  • 家族カードは契約者のカード同様にポイントが貯まる。
  • 家族カードは契約者のカード同様に付帯サービスが受けられる。
  • 家族カードの利用分は契約者の口座から引き落しになり家計の管理が便利。

家族カードを利用したときに付与されるポイントは、契約者のカードにまとめられます。

個人個人でそれぞれポイントを持つよりポイントがまとめられ利便性が良くなるので、家族で共通で使うものの買い物時にも利用しやすくなります。

口座引き落としも契約者の口座からの引き落としになるので、家計の管理が楽になります。

家族カードのデメリット

家族カードのデメリットは主に2つ。

  • 明細が同じなので家族が何を買ったかがわかってしまう。
  • 個人的に買った品物の代金が契約者本人にまとめて請求される。
  • 利用限度額は契約者カード+家族カードになる。(契約者本人の利用限度額が実質少なくなる)

新規入会時にもらえる入会キャンペーンも本会員より少ない事が多いので、家族カードより自分のクレジットカードを持つほうがお得になることもあります。

家族カードより自分のクレジットカードを持つメリット

専業主婦が家族カードを利用すれば、家計の管理が便利になります。

しかし、家族カードで買ったものは本契約者にまとめて請求され、明細にも掲載されるため、本契約者には何を買ったのか、わかってしまいます。

「これ欲しいんだけど買っても良い?」と毎回確認したり、「これ何を買ったの?」とチェックされるのは面倒ですよね。

さらに、楽天カードの場合は新規入会時にもらえる入会キャンペーンのポイント数も違うので、家族カードより本会員になった方がお得です。

専業主婦が自分専用のクレジットカードを持つメリットは3つ。

  • カードを使う時に家族の目を気にしなくていい。
  • 家族カードより入会キャンペーンでもらえるポイントが多い。
  • ポイントは自分の楽天IDに貯まる。

一番のメリットは、家族に何を買ったかが知られないということ。

家族カードは家計の管理がしやすくて便利ですが、自分のプライベート用として自分のクレジットカードを持っていると気楽に使えます。

もちろん、夫側にもメリットがあります。

家族カードにすると利用限度額が契約者本人と家族の合計になります。

旅行に行く時や高額のものを買う時に、夫婦別々でカードを持っていたほうが便利になることもあるので、そういう機会に家族で持つクレジットカードの見直しをするのもよいかもしれませんね。

楽天カードは専業主婦でも自分のカードが作れます

安定収入のある夫や家族がクレジットカードを持っている場合、専業主婦はそのクレジットカードの家族カードは審査なしで持つことができます。

でも、収入なしの専業主婦が家族カードではなく、審査が必要な自分名義のクレジットカードを持つことはできるのでしょうか。

結論から言えば、楽天カードは専業主婦でも自分のカードが作れます

一昔前は、専業主婦だと本人に収入がないということでクレジットカードが作りにくいこともありました。

近年では、生計を共にしている夫の収入が安定していれば収入のない専業主婦もクレジットカードが作りやすくなっています。

クレジットカード発行会社側としては、養ってくれる配偶者がいれば返済もきちんとしてくれるだろうという安心感があるのでしょう。

楽天カードのよくある質問にも「主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます。」と書かれています。

参考:主婦・パート・アルバイトの場合でも、カードを申し込むことはできますか? | 楽天カード よくあるご質問より

楽天カードの新規申込のフォームでは、本人が勤めていない場合は世帯年収や配偶者年収の入力が必須になります。家族の収入がしっかりしていれば、まず問題ないでしょう。

カード入会には各カード会社の審査基準があります。専業主婦でも審査を100%通過できるわけではありません。
過去に携帯電話の支払い滞納やカードの滞納、虚偽申請などがあると落ちることがあります。

楽天カードは女性の方が多い?

ネット通販を利用する時の支払い方法は、さまざまな方法が選べるようになりましたね。

クレジットカードにコンビニ払い、銀行振込、郵便振替、代引きなど、ライフスタイルに合わせて選べるので買い物がしやすくなりました。

なかでもクレジットカードは、一括払いを利用すれば購入者側に手数料はかからないし、ポイントも貯まるので便利です。

楽天市場は、ネット通販サイトの中でも女性が利用することが多いと言われています。

2016年3月25日のニュースでは、30代~40代の主婦層の8割が日用品・生活必需品を購入する際「楽天市場」を利用しているという調査結果がありました。

参考:主婦層の約8割が「楽天市場」を使う、日用品・生活必需品のネット通販利用より

2017年3月度におけるECアプリの利用数のトップ3は「Amazon」「楽天市場」「メルカリ」。

中でも女性は「楽天市場」アプリの利用が多いという結果が、視聴行動分析サービスを提供するニールセンデジタルの日本におけるEコマース利用状況調査結果がでています。

参考:最も使われるECアプリは「Amazon」。女性は「楽天市場」男性は「アマゾン」が1位 | ネットショップ担当者フォーラムより

楽天カードは、女性向けの特典をつけることができる『楽天PINKカード』も発行していますし、デザインが可愛い『お買い物パンダデザイン』のカードも発行し始めました。

楽天カードの発行会社としては、楽天市場でよく買い物をする女性の利用者を増やしたいのでしょう。

楽天グループでのポイントが貯まりやすく、利便性も良い楽天カード。

専業主婦におすすめのクレジットカードです。

申込はネットからカンタンに入力できます。

スマホ、パソコンどちらからでも可能です。

新規入会&利用で5,000ポイントがもらえます。

申込や詳しい内容は下記公式サイトへどうぞ。

楽天カード新規入会キャンペーン公式サイト