TSUTAYA Tカードプラスを解約した理由。使わないなら解約しておかないと損をする

長年使っていた『TSUTAYA Tカード プラス』を解約しました。

なぜ解約したかを結論から言うと、不要になったから。

使わないクレジットカードは持っていても損にしかなりません。

それでもかなり利用していた思い入れのあるクレジットカード。

感謝の意も込めて、TSUTAYA Tカードプラスの良かったところと不満だったところを書いてみました。

これから『TSUTAYA Tカードプラス』を作ろうかなと思っている人、持っているけど使っていない人のお役に立てればな、と思います。

TSUTAYAのTカード プラスとは

TSUTAYA Tカード プラス ツタヤ

TSUTAYAのTカードプラスとは、TSUTAYAが発行しているクレジット機能付きTカード。

TSUTAYAでTカードプラスを利用すると、Tポイントが貯まりやすくなります。

年会費無料でTSUTAYAのレンタル利用登録がずーっと無料&不要のTカードプラス(TSUTAYA発行)。Tポイント提携先で使えばTカードポイントがWで貯まるお得で便利なクレジット機能付きTカードです。

TSUTAYAマークがこっそり入っています。

TSUTAYA Tカード プラス ツタヤ

主な特長は

  • 年会費無料(2016年5月~)
  • Tカード(Tポイントカード)として利用できる
  • TSUTAYAレンタル更新費用が無料
  • TSUTAYAレンタル更新手続きが自動更新で便利
  • TSUTAYAで購入するときにカード提示でTポイントがいつでも3倍(2016年4月~)
  • クレジット決済で200円につき1ポイントのTポイントが貯まる
  • さらに、TSUTAYAランクアップサービスで+1倍~+3倍

Tカード プラスを提示またはクレジット決済をすることで貯まるTポイントは、TSUTAYA以外のTポイント加盟店で1ポイント=1円で利用できます。

Tポイントの強みは、Tポイントが使える街のお店が多いところ使い勝手

わたしの場合は、クレジット決済をすることで貯まったTポイントは帰り道にある旭屋書店で気になった雑誌を衝動買いするときに使っていました。

TSUTAYAのTカード プラスの強みは、TSUTAYA店舗やオンラインショップ、宅配レンタル(TSUTAYA DISCAS)などで利用をするとTポイントが貯まりやすいというところ。

たとえば、TSUTAYAで10,000円の商品をクレジット決済で購入した場合、ブロンズ会員は4倍。Tポイントは200ポイント貯まります。

現金払いの場合でも、Tカードプラスを提示するだけでブロンズ会員は3倍でTポイントは150ポイントが貯まります。

さらに、月に5回以上TSUTAYAを利用すると翌月からはゴールド会員。

ゴールド会員の場合は6倍なので240ポイントが貯まります。

しかも、2016年5月の新規発行分より年会費が完全無料になっています。

TカードプラスはTSUTAYAを利用することが多い場合に持っていて損がないカード!ということですね。

もしこれからTSUTAYA Tカードプラスに新規入会する際は、ポイントサイト経由がお得です。

ハピタス経由でTカード プラスに新規入会をすると今ならハピタスポイントが820ptもらえます。TSUTAYAオンラインショップで商品を購入すると購入金額の1.2%のハピタスポイントがもらえます。

詳しくはハピタス公式サイトへどうぞ。

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

わたしが『TSUTAYA Tカード プラス』を解約した理由

わたしが『TSUTAYA Tカード プラス』を作ったのは2009年。

その頃は『TSUTAYA Wカード』という名前だったかな。

当時はクレジットカードが欲しかったということと、TSUTAYA DISCASを利用したかったし、ネット上で申し込めるから手軽、という3つの理由で申し込みをしました。

念願のTSUTAYA DISCASの宅配レンタルは3ヶ月ほど利用してから辞めました。

なぜなら、当時はサービスが始まったばかりというのもあったためか、借りたいDVD&CDが少なかったから(苦笑)。わたしの趣味がマニアックだったのかもしれないけど(笑)

TSUTAYAの実店舗も近所にないし、一番恩恵を受けられるTSUTAYA系列では『TSUTAYA Tカード プラス』をほぼ利用していない、ということになります。

わたしの場合、『TSUTAYA Tカード プラス』の恩恵は受けられなかったということですね^^;

しかし、楽天市場や近所のスーパーで個人的な買い物をするときにちょこちょこクレジット決済(200円=1ポイント)をしていたので、そこそこポイントは貯まったけども。

貯まったTポイントは旭屋書店での雑誌購入に消えていきました。

当時はすぐに辞めてしまったTSUTAYA DISCASの宅配レンタルですが、今では時々利用しています。

借りたいDVD&CDが貯まったら有料プラン、借りたいものが無くなったら無料会員に戻すといった利用方法をしています。

でも、使うカードはANAカード。

今わたしの使っているクレジットカードは、メインとしてANAカードの家族カード、サブとしてYahoo! JAPANカード、楽天カード。

きっともう『TSUTAYA Tカード プラス』は使わない。

さらに、わたしの持っている『TSUTAYA Tカード プラス』は年1回以上利用しないと年会費500円がかかるタイプ。

持っているだけで、損なんです。

ということで、長年使ったTSUTAYA Tカード プラスを解約することにしました。

TSUTAYA Tカード プラスの解約はカンタンだった

「わたしのTSUTAYA Tカード プラスは使わずに持っているだけで損」というのは知っていたけど、解約(脱会)の方法を調べるのが面倒くさいなーと2ヶ月放置していました。

先日、思い切って電話をしたら自動音声のみであっさり解約手続き完了!

使わずに持っている人、解約を迷ってる人は早く電話した方がいいよ!!

詳しくはこちらもどうぞ。

解約の電話をする前にしておくべきこと!

解約の電話の前にしておくべきことは2つ。

Tポイントの移行支払い方法の変更

Tポイントはポイントカードごとにポイントが貯まるシステムなので、Tカード プラスに貯まっているポイントは移行しておかないと消えます。

わたしは先々月に作ったYahoo! JAPANカードにTポイントを移行しました。Yahoo! JAPANカードは、なんて使い勝手の良いカードなんだろう!と、かなりお気に入りのカードです。

もう一つは支払い方法の変更。

Tカード プラスで支払っていたものがあれば支払い方法を変更しておくこと。とくに毎月支払う公共料金や通信費は要注意です。退会手続き後に請求書がきてしまうことも。

各ショッピングサイトに登録しているカードも変更しておかないとウッカリ使って使えないなんてことになるとちょっと面倒くさいですよね。

有料のナビダイヤルは使わない

解約の電話番号を調べてみると0570-からはじまるナビダイヤル。

このナビダイヤルは携帯電話のかけ放題や無料通話は適応されず、有料になります。この場合はふつうの電話番号(03-または06-ではじまる電話番号)にかけると無料通話になります。

以前、知らずにナビダイヤルにかけて損しました(´・ω・`)

電話番号はこちらへどうぞ。

自動音声なのでけっこう気軽に解約できる

わたしのiPhoneはスマ放題ライトを使っています。1回5分以内なら無料。5分で終わらせるために、2回に分けて電話をしました。

1回目は自動音声のときに押す番号を途中まで聞いてメモしておく。

2回目は自動音声を飛ばして番号を押してショートカットをするという方法。

自動音声の説明ってけっこう長いんですよね^^;

押したのはこんな感じ。

「1」→「#*」→「6#(カード脱退手続きなど)」→「カード番号#」→「3#(カード脱退手続き)」→「0#(再確認)」

その後、退会完了の書類が届くので、もし住所が違っていたらオペレーターにつなぎますと言われるので住所が違っている場合はもっと電話が長くなりそうです。

もし住所変更がある場合は、事前にWebからしておいたほうが良いですね。

書類が届くので確認する

解約の手続きが完了したら「カード脱退手続き完了通知」が届きます。

わたしの場合は、月曜日に電話をして、翌週木曜日、10日ほどで手紙が届きました。

厚めのしっかりした紙です。

注意点などが書かれているので、しっかり読んでおきましょう。

支払い方法の手続きは注意が必要です。

カードのハサミを入れる

カード脱退手続きが完了したので、クレジットカードはもう使いません。

ハサミを入れておきましょう。

TSUTAYA Tカード プラスの良かったところ

わたしの場合、ほとんどTSUTAYAを利用していなかったから、Tカード プラスの恩恵を受けることはできなかったけども、Tポイントが貯まりやすいのは良いですね。

フラッと入ったお店がたまたまTポイント加盟店だったりするので、Tカードは1枚持っておきたいところ。

クレジット機能付きTカードはYahoo! JAPANカードが一番おすすめですが、TSUTAYA特化で利用する場合はTSUTAYA Tカード プラスがおすすめ。

TSUTAYAで利用する場合、Yahoo! JAPANカードは200円で3ポイント貯まります。

内訳は、クレジット利用で100円=1ポイント、Tポイントが200円=1ポイントなので、200円で3ポイント。

TSUTAYA Tカード プラスだと、4倍~6倍(200円で4ポイント~6ポイント)になるのでお得になります。

TSUTAYA特化で利用する場合はTSUTAYA Tカード プラスが最強、ということですね!

TSUTAYA Tカード プラスの不満だったところ

いつの間にか年会費無料になっている!(怒)

今現在(2017年11月)にTSUTAYA Tカード プラスを新規発行すると、年会費無料です。

ずっと年会費無料。

しかし、わたしの持っているTカード プラスが年会費無料になる条件は「年1回以上カードの利用がない場合は年会費500円」がかかります。

しかも、年会費無料に自動切り替えをしてくれるつもりは無いらしい。

(参考:Tカード プラス | クレジットカードのポケットカード株式会社より)

(。゚ω゚) マジか!

2016年4月までに申し込んだ古参ユーザーは損な事があるってことですね。

店舗のレンタル更新料は300円~500円前後(店舗によって違う)らしいので、うーん、やっぱりちょっと損かな。

Tカード プラスは作った時期によって年会費無料の条件が異なっていて、1年に1回以上利用しないと年会費がかかる人、年間5万円以上利用が無いと年会費がかかる人がいるようです。

2016年5月以降に申込んだ場合は、年会費無料になるので使わなくなっても安心。

もし今使っている人でも、一度解約して再入会したほうがお得かもしれません。

(参考:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社・ニュースリリースより)

TSUTAYA以外で使うメリットはあまり無い

TSUTAYAでTカードを利用すると、通常は200円=1ポイントのTポイントが貯まります。

TSUTAYAでTカード プラスをカード払いで利用すると、Tポイントが4倍~6倍、つまり、200円で4ポイント~6ポイントが貯まります。

株式会社アプラス,Tポイント,Tカード,Tカード プラス,APLUS

TSUTAYA店舗でのレンタル更新料も不要なので、TSUTAYAで利用する場合は最強カード!ということになります。

しかし、TSUTAYA以外で利用する場合は、200円につき1ポイント。

ポイントは貯まるけど、もっと効率よく貯まるカードがあります。

Yahoo!JAPANカードはどこでも100円=1ポイントが貯まります。

Tカードとしても使えますし、TSUTAYAのレンタル更新機能も付けられるのでおすすめです。

最短2分でクレジットカード審査完了・年会費永年無料・Yahoo!ショッピングでお得・PayPay残高にチャージができるクレジットカード

TカードプラスをTSUTAYA以外で使うメリットは無いでしょう。

TSUTAYAを利用するなら持ってても良いとは思うけど・・・

結果的にTSUTAYAをあまり利用しないわたしにとって、TSUTAYAのTカードプラスは持っていてメリットのないクレジットカードでした。

しかし、TSUTAYAに特化して利用する場合に限ると、ポイントが貯まりやすいので持っていても損はないと思います。年会費無料になったことだし。

でもね。

もしTカードプラスを新しく作ろうかなと迷っている人がいたなら、

自信を持ってYahoo! JAPANカードをおすすめいたします!(笑)